楽ブログRakufilm Laboratory
   
   
舎内ブログ

楽映舎’21新入舎員インタビュー①入舎前インタビュー〜キャスティング部編〜

夏が恋しい さくらです。
本日はついにラスト!ʼ21新⼊舎員のインタビュー紹介です!
楽映舎について、働いている舎員について、就活生の方々の参考になればと思っております。
前回ご紹介したのは編集部の圓でした。(記事はこちら
今回はキャストと制作部のバランサー【キャスティング部】から、天下無敵の姫路っ子 日菜 のご紹介

キャスティング部 日菜
学校:フェリス女学院大学
出⾝:兵庫県
好きな俳優:横浜 流星

2020年度映画講座修了制作で撮影用の料理を運ぶ日菜 @京都東映太秦映画村(2021/3/11)

楽映舎に⼊舎した⽬的は?

映画館にお客さんが行きたいって思えるぐらい楽しい映画を作りたいって思ったのが、入舎しようと思ったきっかけです。
ここ最近は配信サービスで観る人もいると思うんですけど、映画館の上映期間に行きたい、絶対にすぐに観に行きたいって思えるような映画を_「半年後とか一年後にどうせ配信するからその時でいいや」って思うような映画ではなくて_すぐに観に行きたいって思うような映画を作りたいって思います。

楽映舎に期待することは?

みんなが映画を好きで、一生懸命作る空間ですね。
あとは厳しくてもいいので、しっかり教えてくれるキビキビとした集団の方が良いですね。厳しいほうが成長できるのではないかと思いますし、悔しい気持ちにもなると思うので。

楽映舎で働くにあたり、⾃分の武器になるものは?

大学に入ってサークルもたくさん入ったりだとか、そういったフットワークの軽さは_活かせるかどうかは分からないですけど_私の長所だと思っています。
人からのアドバイスに対しても言われたら必ず、しようかなって思って来ました。でも、これからは私は、言われなくてもできる人間になろうって、思っています。

あなたにとって映画とは?

趣味、そういう娯楽の1つです。私は昔から映画とかエンタメがすごく好きで、昨年コロナが流行した時に映画が公開延期になったり、1、2ヶ月くらい映画館も閉館になったりとかしたんですけど、その期間に、映画っていうのは何気なく人々を楽しませるものだなと感じたんです。食料とかは当たり前に絶対に必要だってみんな分かるんですけど、なかなかそういう風には、映画とかエンタメ系って分かりにくいと思うんです。それがコロナを通して、「あっなかったらこんなにつまんないんだ」って改めて気づいて_なくなって初めて気づかされるものだったので_映画っていうのは、そういう私の娯楽の1つでもありますし、みんなにとってもそういう娯楽の一つだと思います。


京都東映撮影所での様子 @福島県田村市 (2021/3/11)

映画講座で身につけたことは?

全部を通してみなさんがおっしゃっていた「映画は1人では作れなくて、みんなで協力して作るもので、協調性が必要だ」っていうことが、私の中で一番学んだことですし、そういう風に京都でも学びました。みんながそう言うように、一つになって協力して作ることが、協調性が必要なんだなっていうことが一番大きな学びです。
もちろん技術面もたくさん学ばさせていただいて、「あっこういうふうな仕事があるんだ」ってことを知ったのも大きいです。私は表面しか見てなくて裏のことはほとんど知らなかったので、あっ面白いなって思いました。演出ってこういう仕事なんだ、制作ってこういう仕事なんだとか、キャスティングもそうですし、プロデューサーもそうですし、演技のお仕事もそうですし、全部、たくさん学ばせていただきました。

京都東映撮影所での学びについて

本当に貴重な機会をいただいて学ばせていただきました。
たくさん学びましたけど、自分の仕事じゃない他の仕事もお手伝いしたりだとか、誰一人ぼーっとしてる人がいなくて、全員がてきぱきと一生懸命作ってるっていう、絶対何かしら動かないといけないというのが、私は本当に学ばせていただきました。自分が今この状況で何をすべきなのか、「今こういう状態だから、次はこういうことが起こるから、じゃあこうしないといけない」とかをいちいち頭で考えて、行動するということ。言われなくても行動できる能力が必要だなって感じました。そういう人間になりたいですし、私は言われないとできなかったので。そこはすごく、京都での反省ポイントです。


東映京都撮影所での様子 @京都東映太秦映画村(2021/3/10)

どんな⾜跡を残したい?

とにかくいい作品を残すことですね…。いろんな人が、たくさんの人が観て、あっこの映画観てよかったなって思うような作品を1つでも多く作って、将来はエンドロールに名前が載れるような、すごい人間になれるように、地道に頑張るしかないですね。とにかくたくさんのいい作品を作って、足跡を残したいです。

今の⾃分に⾜りないものは?

たくさんあるんですけど、自分が今何をすべきなのかを考える力もそうですし、私は伝える力が人よりも全然足りないなと思うので、声を大きく出すことで自分の意見をみんなにもっと伝わりやすく伝える力、みんなに私が今どうしたいのかっていうのを伝える力を身につけないといけないなって思います。

心がけたいことは?

とにかく先輩をよく見て、いい部分を吸収して尊敬していきたいなって思います。話をたくさん聞いて、それを現場での行動に活かせられるような、聞くだけじゃなくてそれを活かせられるような人間になりたいですね。
あと気をつけることは_正直に言うと、失言をしないこと。しないように頑張ります。