楽ブログRakufilm Laboratory
   
   

おすすめブログ

映画レビュー

マトリックス レザレクションズ ~本当の復活とは?~

こんばんは 二夜連続ヒルズです。
本日公開の映画「マトリックス レザレクションズ」のレビューをお届けします。
本作は何を言ってもネタバレになり兼ねない事もあり、多くを語ることができないのでご容赦頂きたい。

「マトリックス レザレクションズ」
日本公開日:2021/12/17
監督:ラナ・ウォシャウスキー
キャスト:キアヌ・リーブス
キャリー=アン・モス
ジェイダ・ピンケット=スミス

1999年からシリーズが始まった「マトリックス」
2003年公開の「マトリックス レボリューションズ」から18年も経ち、今年2021年に公開されたのが、本作「マトリックス レザレクションズ」である。

あらすじ

前作で仮想世界(マトリックス)から脱出し、覚醒し救世主となったネオ(キアヌ・リーブス)は機械との戦争に終止符を打ち、己の命を犠牲にして人類を救った……。しかし、ネオは仮想世界(マトリックス)で人生を歩んでいる姿があった。

本作の見どころ

予告編ですら本作のストーリーはあまり語られない。冒頭のあらすじすらネタバレになってしまうのが本作である。
このマトリックスの新作を見て正直に言おう、間違いなく近年の映画で最も賛否両論になる映画だ。
よくこの企画をワーナーブラザーズがOKを出したものだと驚く。何故なら今までのマトリックスシリーズ、そして近年多く見られる名作映画の続編やリブート商法に真っ向から中指を立てたからだ。
そもそもが、ウォシャウスキー監督が世に送り出した映像革命的映画、マトリックス3部作を手掛けた後、どういった経緯で4作目が出来上がったのか。それを知る必要があるのかもしれない。

要は、完結させたマトリックスの続編をワーナーは制作しようとしていた。新たな3部作であったり、ローレンス・フィッシュバーンが演じたモーフィアスの若かりし頃を描く新作の企画があったが、ウォシャウスキー監督が続編に乗り気ではなく結局頓挫してしまった。
そして、本作が作られたきっかけなのだが、非常に悲しい出来事があった。

監督の両親と最も親しい友人と死別したのだ。悲しみの淵に打ちひしがれていた監督。そんな時、ネオとトリニティの新たなストーリーが突如浮かび、2人を復活(レザレクション)させる事にし、4作目が制作される事になった。
これらの要素が、本作のメタファーとして強く出た作品なのだ。まさにラナ・ウォシャウスキー監督の葛藤と復活の物語そのものである。それを、賛と感じるか否と感じるかは、観客に委ねられる。

おわりに

レビューではなく、鑑賞前の解説事項になってしまったのは許してほしい。それほど、本作の内容はデリケートだ。

マトリックスファンは是非とも本作を、自分の目で見て判断し、マトリックスの呪縛から解放される事を祈るばかりである。